今日のにゅーすは?

今日の気になるニュースをまとめています。おもに芸能ゴシップ、衝撃な事件、時々おもしろネタや、ほんわかニュースまで取り扱っておりますので、気に入って頂けたらフォローお願いします♪



    NO.7789012
    今井絵理子議員の政務官起用 「サプライズすぎ」と関係者あ然
    今井絵理子議員の政務官起用 「サプライズすぎ」と関係者あ然
    政府は9月13日の閣議で、内閣改造に伴う副大臣25人と政務官27人の人事を決定した。そんななか注目を集めているのが、内閣府政務官に「SPEED」の今井絵理子参院議員(35)が起用されたことだ。

    各メディアによると、菅義偉官房長官(70)は閣議後の会見で「適材適所で選抜をされている。内外の諸課題に対応していける態勢が整った」と今回の人事を評価。また今井議員といえば17年に神戸市議だった橋本健氏(39)との不倫が報じられたが、この件について記者から質問を受けた菅氏は「本人が説明するだろう。いずれにしろ、まさに適材適所の対応をした」と述べたという。

    「今回の内閣改造で閣僚は大幅に高齢化。そのためバックアップする副大臣と政務官の若返りを図ったようです。ただまさか当選1期で、おまけに不倫を報じられた今井議員が起用されるとは……。サプライズすぎる人事で、あ然としました」(永田町関係者)

    橋本氏はその後、妻と離婚。18年には今井議員が自身のブログで交際を宣言していた。そんな彼女に対してネット上ではエールもあるものの、批判の声が続出している。

    《有名であれば、経験不足でも国会議員になれて、政務官になれる》
    《人様の..



    【日時】2019年09月13日 20:14
    【ソース】女性自身


    【今井絵理子議員の政務官起用 「サプライズすぎ」と関係者あ然】の続きを読む



    NO.7779977
    ZOZO前澤氏会見 目を潤ませ社員に感謝「21年間ありがとう」
    ZOZO前澤氏会見 目を潤ませ社員に感謝「21年間ありがとう」
    ソフトバンク傘下のヤフーと資本業務提携することを発表し、自らも代表取締役を退くことを明かしたZOZOの前澤友作氏(43)が12日、会見を開いた。
     この日の会見には「Let's Start Today」と、前会社名「スタート・トゥデイ」が含まれた文字が描かれた白いTシャツ姿で臨み、「この日を迎えられたことを大変うれしく思ってます。私自身は本日を持ってZOZO社の代表取締役を辞任します」と挨拶した。

    退任を決めた理由について「私事ですいません。以前から宇宙に行きたいと話していますが、現在も計画は順調に進んでいます。宇宙にどうしても行きたいので、宇宙に行くためのトレーニングが必要で、その準備をするためにも今回スッキリと社長を辞めることにしました」と発言。

    また、今後は「新たな事業をやりたいです。自宅の6畳一間で会社を立ち上げたあのワクワク感、あの時の興奮が忘れられない。具体的に何をやるかはまだ決めていませんが、新しい事業をやりたい」と思いを述べた。

    ZOZO社員に退任を伝えた時の様子について「今朝8時45分の発表に社内は騒然となりました。“業務提携はわかりました”と。ただ、僕が辞めるとは予想もしてなかったみたいで、..


    【日時】2019年09月12日 18:33
    【ソース】スポーツニッポン
    【関連掲示板】


    【ZOZO前澤氏会見 目を潤ませ社員に感謝「21年間ありがとう」】の続きを読む



    NO.7764227
    れいわ山本代表「切り捨てない社会」「私こそポピュリスト」
    れいわ山本代表「切り捨てない社会」「私こそポピュリスト」
    7月の参院選で2議席を獲得し、台風の目になった「れいわ新選組」の山本太郎代表(44)が6日、西日本新聞社の単独インタビューに応じた。かつて、園遊会で天皇陛下(現上皇さま)に手紙を手渡して批判を浴びるなど、過激な言動が耳目を引いてきた山本氏。「誰もが切り捨てられない社会を目指す」と語る、その胸の奥は−。

     −参院選の結果をどう受け止めているか。

     「れいわ新選組としては前進したが、自分自身は力及ばず落選した。思っていたより得票数が少なかった。街頭演説の現場で熱狂は感じたが、見せ物として消費されるだけでは票は積み上がらない。多くの人が政治に距離を置いてしまっている」

     −長らく訴えてきた「原発廃止」ではなく、「消費税廃止」を中心に掲げた。

     「『政治を変えなきゃ』と思ってもらうには、政治への関心の扉が開くようなテーマを選ぶ必要がある。それは経済。誰もが1日1回は支払うであろう消費税なんじゃないかと」

     −訴えの中身が、ポピュリズム(大衆迎合主義)との指摘もある。

     「『それが何か?』ですね。20年以上続くデフレから脱却するには、国が積極的に支出するしかない。この国に生きる多くの人々が生..



    【日時】2019年09月06日 21:46
    【ソース】西日本新聞


    【れいわ山本代表「切り捨てない社会」「私こそポピュリスト」】の続きを読む

    このページのトップヘ