NO.7917028
綾小路翔、河川敷決闘で書類送検少年に「もう、曲が書ける」「グッときた」
綾小路翔、河川敷決闘で書類送検少年に「もう、曲が書ける」「グッときた」
 氣志團の綾小路翔が30日、ツイッターを更新し、東京・足立区の河川敷で決闘を行ったとして少年2人が書類送検されたニュースについて「何だろう。グッと来てしまった」と率直な気持ちをつぶやいた。

 綾小路は高校一年の少年2人が足立区の荒川河川敷で決闘を行ったとして書類送検されたニュースを添付。その記事には、今年1月に少年がもう1人の少年の交際相手をバカにしたことからSNSで「タイマンしよう」と持ちかけたという。少年たちは「凶器を持っていないか持ち物検査」「ギブアップするまでやる」「怪我をしても被害届けは出さない」などのルールを決めていたが通行人の通報で逃走となったとしている。

 これに綾小路は「何だろう。グッと来てしまった」とツイート。そして「河川敷でタイマン。ガールフレンドの尊厳を取り戻す為の決闘。武器無し、チクリ無し、ギブアップ有り。警官からの逃走。もう曲書けるもんな」と昔の不良を思い起こさせるような内容に、グッときた様子だった。



【日時】2019年10月31日 12:49
【ソース】デイリースポーツ


【綾小路翔、河川敷決闘で書類送検少年に「もう、曲が書ける」「グッときた」】の続きを読む